DICTIONARY用語集
DICTIONARY

探偵用語を解説しています

一般家出人

民事に関する家出人のことを指し、成人が自らの意志で家出したケースのことで、事件性が低い場合に分類されます。

このケースは、警察で年間8万人も受理されていて、積極的に捜索されることはありません。

逆に事件性がある場合は、「特異家出人」と分類される。

昔から、テレビや映画の題材としては有名な私立探偵。

しかし、その実態はほとんど知られていないし、ベールに包まれています。総務省統計局でも産業分類にも記載された立派な職業です。

2007年に制定された探偵業法によって、今では各都道府県の公安委員会に届出が義務付けられているし、全国で5000社以上が登録されています。

実際は、意外と地味で普通の目立たない人が多いんですよ。そんな探偵の世界の専門用語を解説しています。